BUSSINESS
ビジネス

中国輸入で儲けるためには?アリババやタオバオを徹底比較!

中国輸入で儲けるためには?アリババやタオバオを徹底比較!

中国輸入で儲けるためには、アリババやタオバオなどのショッピングサイトを利用することがおすすめです。決して難しいわけではなく、誰でも始められるのです。それぞれに特徴があり、よく把握しておくことが大切だといえるでしょう。ここではアリババやタオバオについて考察していきます。

中国輸入とは

中国輸入を、国内でのせどり、また他のアメリカなどの国からの輸入と比べた際のメリット、デメリットをご紹介します。

中国輸入のメリット

中国は日本と比べて物価が安く、安く仕入れられることからより高い利益を得られます。日本で購入するのと比べて、半額以下で仕入れが可能なことも少なくはありません。
 
日本ではすでに売り切れの人気商品でも、中国では見つかることもあります。また日本未発売の商品を購入することも可能でしょう。

中国輸入のデメリット

中国輸入をする際に、最も気を付けないといけない点は仕入れをしてから実際に手元に商品が届くまで時間がかかることです。検品に時間がかかりさらに海を渡って日本に届くのです。
 
また代行業者を利用することがほとんどなので、手数料も必要です。

他にも何点か中国輸入をする際、気になる点があります。
それは、中国は社会主義であり、法律改正が突然あると取引に影響がでる場合があるという点です。さらに商品にもよりますが、商品の品質や梱包などが日本と違うと感じる点もあるでしょう。

アリババやタオバオなど中国からの仕入れ方法

中国輸入するさいに、仕入れる方法はインターネットを使うか直接中国へ行くかの2通りですが、インターネットを使う方が多いのが現状です。

インターネットで仕入れる際におすすめの中国のECサイトは以下の3つです。

  • アリババ
  • タオバオ
  • Tモール

しかしいずれのECサイトともアリババグループであり、中国でネットショッピングをする場合は結局はアリババグループのサイトを使うことになります。

上記の中では、アリババとタオバオの利用者が多いです。

アリババの特徴

アリババは中国のAlibaba Groupが運営しているサイトであり、ビジネス向けのECサイトとしては世界でも有数のシェアを保持しています。中国のAmazonといっても過言ではありません。

仕入れ価格

アリババは卸販売をしており、一般消費者向けではありません。そのため商品価格をおさえられます。アリババは卸売でロット買いのため、日本で購入するよりも安く場合によっては半額以下になることもあるのです。しかし基本的に発送先が中国国内のみ、また中国の銀行口座が必要になっているため日本への発送をしてくれる業者が必要になります。

そのため、業者の手数料や日本までの配送料などを全て考えた上で検討をしましょう。「折角安く購入できたのに、結果的にコストがかかってしまった」ということもあります。

仕入れの数

アリババは全体的に商品価格が低めなのですが、ロット買いをすることが必要となります。ロット数制限があることから始めは難しいかもしれませんが、

しかし中国輸入をするためには頼りになる存在なのです。

それぞれの商品に、ロット数つまり何個から仕入れをすることができるか記載されています。仕入れ数が多くなれば価格は下がるのですが、最少ロットが100ということもあるので注意をしてください。

画像検索の仕方

アリババの魅力の一つとして、画像検索ができる、という点があります。

参照 Alibaba.com

最初にアマゾンで好きな商品を調べて、右クリックで「名前を付けて画像を保存」で保存をします。アリババのトップページに、検索窓の右側にカメラマークがあるのでここでさきほど保存をした画像を検索します。

今回はこちらの商品を検索してみます。中国でも人気商品であるプレーステーション4です。

参照 Amazon

この商品をアリババの検索窓で検索をすると、このように表示されます。プレーステーション4に関連する商品を含めて簡単に見つけることができます。評価などを比較するにも便利だといえるでしょう。

参照 Alibaba.com

評価の見方

参照 Alibaba.com

商品ページの右側の4.9などと書かれている部分をクリックすると、以下のような評価やレビューを確認できるページに移動できます。

参照 Alibaba.com

以下の3つの項目で、5段階で表示されています。

  • Supplier Service (店のサービスの内容)
  • On-time Shipment (配達が予定通りに届くか)
  • Product Quality (商品のクオリティー)

また下にはレビューを確認することもできます。仕入れをする時は写真や評価、レビューなどさまざまな内容を確認することが大切です。

アリババを使うべきとき

・ロットで仕入れられる時

最低注文数がそれぞれの商品によって決まっており、ロットで仕入れることによりコストを安くできます。 

タオバオの特徴

タオバオはアリババの子会社であり、アリババと大きく違うのはタオバオが一般のお客様向けだということです。タオバオがショップ向けに販売できるスペースを準備しており、日本でいえば楽天市場をイメージするとわかりやすいでしょう。

仕入れ価格

タオバオはロット販売ではなく卸値ではないので、アリババよりもやや高めの設定です。しかし日本と比べると安い金額での設定であることが多いです。

しかしタオバオはアリババ同様代行業者を利用することになりますので、送料や手数料などを全てふまえた上で仕入れ商品を選ぶようにしてください。

またタオバオには荷物転送サービスがあり、複数の商品をまとめて送る場合は送料が1回分でよいので送料を節約できます。しかし中国語での対応が必要なため、代行業者の利用をおすすめします。

仕入れの数

タオバオは個人向けのサービスなので、1つずつ購入できます。

画像検索の仕方

タオバオでもアリババと同じようにトップページにて画像検索ができます。Amazonで画像を保存して、簡単に検索が可能です。

参照 Taobao.com

評価の見方

参照 Taobao.com

上記のように、説明、サービス、ロジスティックスをそれぞれ5段階評価します。

説明の部分が商品の品質、サービスが店のサービス、ロジスティックスが配送納期や荷物の取扱いに対しての評価です。

また評判の部分のダイヤ2つは、タオバオの信用度マークとなります。

利用者は3段階で店を評価し、

  • 良い場合は1ポイント
  • 普通の場合は0ポイント
  • 悪い場合は-1ポイント

をつけ、この点数を加算していきます。このように4ポイントですとハート1個となります。
ハート、ダイヤモンド、青い王冠、金の王冠と4段階に信用レベルが分かれており、その中でも5つの区分をしているので、合計で20レベルとシビアなつけかたをしています。

このハート、ダイヤモンド、青い王冠、金の王冠の表示が商品ページに記載されているのですぐわかりますね。

タオバオを使うべきとき

・1~2個仕入れたいとき

ロットではなく、1~2個仕入れたい時にはアリババを利用することはできないのでタオバオがおすすめです。ロットで仕入れるよりもやや割高にはなりますが、それでも価格帯は全体的に低めです。

まとめ

ここまで中国輸入に関して説明をしてきました。中国輸入は一般的には方法によってはコストが安く初心者におすすめだと、一般的と言われているようですが、実は以下の点でデメリットがあります。

・商品の品質やパッケージが思っているものと違う
・中国は社会主義であり法律改正により大きく情勢が変わることがある
・価格は低いが、最低発注量が多いことがある

もしこのようなデメリットを感じるようであれば、小ロットで始められる欧米輸入がオススメです。
中国であれば代理人に任せることになりますが、英語であればある程度理解をできる人が多いというメリットもあるでしょう。

ページトップに戻る