BUSSINESS
ビジネス

Amazon輸入ビジネスは副業として儲かるのか?Amazon以外にもおすすめの方法とは?

Amazon輸入ビジネスは副業として儲かるのか?Amazon以外にもおすすめの方法とは?

今は副業で、輸入ビジネスを行う方も増えてきました。
 
特に、副業として輸入ビジネスを行う方の間で多いのがAmazonを活用する方法です。商品ニーズがわかりやすく、全ての作業をネット上で行えます。
 
今回は、一般的に、「副業としてのAmazon輸入ビジネス」とは、どのように行われているのか、その全体像と流れを考察して参ります。

副業としてのAmazon輸入ビジネスとは

Amazon輸入ビジネスとは主に、アメリカのAmazonで購入をして、日本のAmazonで売ることをいいます。これはアメリカのAmazonで購入をした方が日本のAmazonで購入するよりも安く購入でき、尚且つ人気商品であることが必要です。

輸入ビジネスとは一般的にどのように捉えられているか

海外の商品を購入して、国内のショッピングモールやネットショップなどで販売をすることをいいます。最近では海外のオークションやショッピングサイトなど、実際に海外に行くわけでなく全ての作業をネット上で行えるため、副業として行う人が増えています。

Amazonを活用し輸入ビジネスをするための流れ

Amazon輸入ビジネスをするためには、主に以下のような流れになります。

・販売する場所を決める

今回はAmazon輸入ビジネスですので、Amazonが販売場所となります。

・商品をリサーチ

海外通販サイトには、AmazonやGoole Shoppingの他に卸業者のサイトであるNETSHEA、オークションサイトであるeBayなどさまざまなサイトがあります。日本で売っている商品の場合は日本のAmazonなどで相場を確認して、海外のサイトでの相場と比較をします。

日本よりも送料などを含めて安く購入できる商品、尚且つ今後売れる商品に限り仕入れ先を探します。また日本未発売で人気のでる商品に関しても同様です。
Amazon輸入ビジネスに限ったことではなく、商品リサーチが重要です。「どのような商品が売れているのか」だけでなく、売れている理由や今後の見込みまでリサーチが必要です。

オークファンを使うと、以下のデータを確認できます。

  • 出品者検索(ヤフーオークション)
  • 落札相場検索
  • 期間おまとめ検索
  • 入札の多い順
参照 オークファン

日本未発売、レア、希少などのキーワードで検索をすることが可能です。

さらに海外のオークションサイトであるebayで確認をすることが大切です。この二つで価格差があるものが仕入れをする商品の候補になります。

参照 eBay

・送付の方法

輸入ビジネスでは、空港までの輸送代や国際輸送代金などさまざまな費用が必要です。また費用の面以外でも、所要日数・安全性・温度管理・貿易実務経験などさまざまな送付方法の比較要素があります。

・商品の出品

Amazonや自分の販売ページなどで商品の出品をします。それぞれにメリット、デメリットがあるのでよく把握しておく必要があります。

・現状の把握

状況を把握して商品や価格の見直しをする必要があります。また売れている場合でもなぜ売れているのかを分析しなくてはなりません。

・次の商品を考える

現状の商品をさらに仕入れて継続するのか、また新しい商品を仕入れるのかなど常に状況をみながら考える必要があります。

Amazon輸入ビジネスのメリット

Amazon輸入ビジネスのメリットは大きく二つあります。日本で購入できない商品、また日本より安価で購入出来る商品など魅力があります。

・日本未発売の商品を販売できる

人気商品で日本未発売の商品であれば、多少高くても購入したいと考えるのではないでしょうか。海外でしか販売していないブランドや、日本では展開していないモデルなど日本で人気の日本未発売の商品は多くあります。

・海外で安く購入し、日本で高く販売をできる

特に海外製の商品であれば、定価で購入しても現地のサイトで購入すれば半額以下であることは頻繁にあります。

Amazon輸入ビジネスのデメリット

それではAmazon輸入ビジネスのデメリットをご紹介します。Amazon輸入ビジネスにはさまざまな費用がかかるため、しっかりとした知識が必要になります。

・関税がかかる

海外から商品を仕入れると、関税がかかります。関税は商品の品目によっても異り、変動があるので税関のホームページを確認する必要があります。

参考:実行関税率表

・他にも費用がかかる

国際郵便にかかる費用の他に、現地の空港や港までの郵送費が必要になります。他にも人件費や消費税、海外保険料金などさまざまな費用がかかります。

・ライバルが多い

Amazon輸入ビジネスは簡単に始められるため、多くのライバルが存在します。特に高い利率で売れるものは、多くのライバルも販売をすることになります。Amazon輸入ビジネスは始めやすいのですが、長く儲けをだそうと思ったらあまり向きません。

・アカウント停止の可能性

Amazonには厳しい規約があり、販売禁止になっている商品を売るなど規律を破った場合はアカウント一時停止、またアカウント閉鎖になる可能性があります。そのため突然在庫をかかえたまま販売ができなくなることがあるのです。

アカウントが停止されてしまうと、

  • 在庫を大量に抱えることになってしまう
  • 収入が絶たれてします

といったリスクを抱えることになりますので、Amazonのみに頼ったビジネスは危険をはらんでいます。

副業としてAmazon輸入ビジネスは儲かるのか

Amazon輸入ビジネスで儲けるためには、Amazon輸入ビジネスの仕組みやメリット、デメリットを詳しく知る必要があります。それぞれ詳しく説明していきます。

輸入ビジネスとしてのAmazonのメリット

AmazonにはFBA倉庫があり、商品の管理、配送、返品を全てAmazonが行ってくれます。代行業者を利用すれば、日本のFBA倉庫に送ってもらうこともできるため大きく手間が減ります。

輸入ビジネスとしてのAmazonのデメリット

Amazonで購入してもらってから、入金まで最大で2週間かかることを頭にいれておく必要があります。また商品によっては日本に発送できないものもあります。「ship to Japan」の表記がなければ日本に発送はできません。

FBA倉庫を利用できることはメリットですが、同時に手数料が必要となります。料金は以下のサイトをご確認ください。

参考:Fulfillment By Amazon

輸入の特別な知識は必要なのか

輸入禁止品や関税など輸入に関する最低限の知識は必要になります。またAmazonを利用するのであればAmazonの規約も把握しておく必要があります。

副業としてAmazon輸入ビジネスを成功させるための方法

それでは副業としてAmazon輸入ビジネスを成功させるための方法をご紹介します。

事業の計画

Amazon輸入ビジネスは副業とはいえ、いきあたりばったりでいきなり儲かるわけではありません。商品のリサーチの仕方、発送は自分でするのか、買い付けの方法、結果がでない場合の対処方法などさまざまなことを入念に計画をする必要があります。

ほとんど何もしないで儲けている人もいますが、そこまで行くのに誰もが入念な計画をし勉強しているのです。

資金の準備

Amazon輸入ビジネスをするためには、しっかりとした事業の計画が必要です。最初にすることは資金の準備です。クレジットカードを使えば、最初に資金はいらないと考えている方もいらっしゃるでしょう。

しかしクレジットカードを使って購入する場合でも、現金でクレジットカードの支払いが必要な時に支払いができるだけの現金を用意することが大切です。クレジットカードの支払いが遅れるとカードが使えなくなることもあり、Amazon輸入ビジネスどころではなくなります。

またいくら購入者がいたとしても、すぐ次の日に入金があるわけではありません。生活に無理のないだけの資金が必要となります。

商品のリサーチ

Amazonで輸入ビジネスをする場合は、日本のAmazon(Amazon.co.jp)で商品の人気度や価格を調べ、アメリカのAmazon(Amazon.com)で仕入れ額を確認し、儲けを計算します。

日本のAmazonには売れ筋ランキングを調べる機能があります。

またモノレートを使うことにより、Amazonで売られている商品の市場調査をすることができます。ランキングや発売日、出品者数などの絞り込みが可能です。

参照:モノレート

最後に最も大切な利益を確認するための計算ですが、AmazonのFBA料金シュミレーターがおすすめです。商品価格や送料などを入力すると、損益率を自動的に計算してくれます。

参照:FBA料金シュミレーター

薄くなっている部分は出品用アカウントとして登録をすると表示されます。商品代金や配送料、他の費用などを入力すると純利益を計算できます。

Amazonの規約を理解する

Amazonのような外資系の企業には、日本にはないような厳しい規約があることが多いです。Amazonの規約を守れない場合は、即刻アカウント停止になることもあります。そのため実際に取引をする前に、Amazonの規約を理解しておきましょう。

以上が、Amazon輸入ビジネスの実態となります。

いかがでしょうか?インターネットのみで完結ができ、今の時代にAmazon輸入ビジネスが副業として流行っている、というのも頷けます。
 
手軽に始められる反面、孤独な作業でもあり、薄利多売となりますので、根気のいる「作業」というようなイメージを持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回ご紹介したような方法での「輸入ビジネス」もありますが、

  • さらに「事業」として確率をさせたい
  • やりがいのあるビジネスがしたい
  • BtoBとして展開していきたい

と、お考えの方には、全く違う角度からの「輸入ビジネス」の方法もありますので、そちらをご紹介いたします。

「事業」としての輸入ビジネスとは

ページトップに戻る