GLOSSARY
用語集

Courier(クーリエ)とは・意味

Courier(クーリエ)とは・意味

courier (クーリエ)とは、民間配送業者が行う国際宅配便のことです。

特定の企業名ではなく、民間配送業者が行う国際宅配便全般を指しており、大手企業にはDHL、UFP、FedEx(フェデックス)があります。

EMS(国際スピード郵便)と混同されることがありますが、EMS(国際スピード郵便)は公的配送業者が行う宅配便であり通関、関税支払い方法、配達スピード、料金、重量制限と重要事項全般が異なります。

Door to Doorとして集荷から配送まですべて行っているクーリエでは、クーリエ業者の通関士が通関業務を代行しています。

そのため発送人また受取人は国内配送業者へ配送を依頼するのと同様、自分自身で関税手続き等を行う必要なく宅配を依頼することができます。

一般に海外向けに発送を行う場合は自分自身で関税支払い等の手続きを行う必要があるため、クーリエに配送を依頼することで大きな負担軽減になります。

一定の重量以下であれば料金も抑えることが可能でありながら配送スピードも速く、海外向けに書類やサンプル(小口荷物)を届けるために利用されることが多いです。

アジア圏では3日、アメリカ国内には4日程度を目安として配送が完了するというメリットがあるものの、サービス対象地域が限定的であり、液体のような危険物の可能性がある特殊貨物は配送を行うことができないというデメリットもあります。

ページトップに戻る