IMPORTBUSINESS
輸入ビジネスとは

商品リサーチ初心者編:最も好きなジャンルの商品から始める

商品リサーチ初心者編:最も好きなジャンルの商品から始める

これから輸入ビジネスを始めようとしている人からよく質問されることに
「どんなジャンルの商品を扱うとよいのでしょうか?」
という質問があります。

輸入ビジネスを個人で始める人は、もちろんどのジャンル選ぶかは自由ですし、企業の担当者も新規ビジネスとしてジャンルを選ぶところから始める人もいます。

自由に選べるがゆえに、「どのジャンルがやりやすいのか」「どのジャンルが儲かるのか」と悩んでしまうのです。

そこで「最初は好きなジャンルの物を選んでください」と私は答えるようにしています。

日本で売れそうな物や、儲かりそうなジャンルを選びたい気持ちもわかります。しかし、そのやり方では残念ながら、ほとんどの場合失敗します。

日本で売れるかどうかは誰にもわかりません。
売れそうだからといって、自分には全く興味のない商品を輸入したとしても情熱がないため、すぐに挫折するケースが多いのです。

好きなジャンル=そのジャンルに詳しいということ

好きな物は思い入れが強い分、商品について造詣が深いものです。そのため、今、日本でどんな物が求められているかも、直感が働くことがよくあります。

たとえ最初に輸入した商品が日本で受け入れられなかったとしても、好きなジャンルであれば、メーカー側に「ここを改良して下さい、日本人はこういう物が好きなのです」などと具体的に提案することは難しくないでしょう。

するとメーカー側も「日本人はこういうものが好きなのか」と納得し、共同制作という形で商品のクオリティを高めていくこともできます。

商品発掘や、日本向けのアレンジという観点から考えても、自分が好きなジャンルの好きな商品を選んだ方が成功しやすいのです。

もし、あまり好きなジャンルがない、という人は、一般生活用品の見本市に行くのがいいでしょう。身近なジャンルですから、誰が見ても評価しやすい物ばかりですし、見本市を見ているだけでも楽しいものです。見て回った後に、自分の専門のジャンルが決まる人も多いです。その場合は、次回から専門の見本市に行くといいでしょう。

ページトップに戻る